タミフルはインフルエンザの治療薬として有名ですが、10代の未成年者が服用したことで異常行動がみられたため、現在では10代の子供には制限されています。タミフル服用で本当に異常行動が起きるのかを説明していきます。

タミフルの画像

タミフルは感染状況で効果が変わるので初期症状に注意

タミフルはインフルエンザの特効薬として注目を集めた薬ですが、常に効果があるということにはなりません。
感染状況によって効果があまり出ないということもあるので、特性をよく理解して服用することが何より重要となります。
まず、タミフルの働きなのですがこの薬の効果というのはインフルエンザのウイルスの増殖を抑える働きがあります。
つまり増えることを抑えることはできるのですが、すでに増えてしまったウイルスに対しては効果がないので症状が重くなってからタミフルを使っても効果はそれほど出ないということになるです。
しかし、逆に初期症状の段階では通常ここからウイルスが増殖して症状が悪化してくるわけですから、この段階でタミフルを服用しておけばウイルスの増殖を抑えることができ症状が悪化するのを防ぐことができるため服用する場合としない場合では大きな差があり症状が悪化しないばかりか治癒するまでの時間も短くなるので非常に効果的といえます。

そのため、インフルエンザの時期に大事なことは初期症状を見逃さずに早めに病院に行くということです。
完全にインフルエンザの症状が現れてしまってからでは、できることは安静にしているぐらいしかないので薬を飲んでもそこまで大きな効果を期待できないのですが、早い段階であれば悪化する前に食い止めることができるので意味があります。
最初のうちは風邪かなと思って様子を見てしまいがちですが、インフルエンザが流行っている時期にはちょっとした体調の変化も見逃さずに風邪かと思ってもインフルエンザの可能性を考慮して早めに病院に行って検査を受けるのが一番です。
下手に様子を見るとインフルエンザの症状が本格的に現れ、何も出来なくなってしまうので初期症状を見逃さないことが大切なのです。